FC2ブログ

グラミス・キャッスル

吐息を白い薔薇にかえて・・・gc1.jpg
スポンサーサイト



2009/04/30(木) | ヒミツの花園 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんな大きくなりました。

http://rosegarden2.blog18.fc2.com/blog-entry-17.html
3年前こんなことを書いてました。

て、ことは、4年前に、庭の隅に実生していたのですよね。soto.jpg
これはフェンスからこぼれ出て咲いてるの図。

フェンスの内側はこんなんです。naka.jpg


read more...

2008/08/29(金) | ヒミツの花園 | トラックバック(-) | コメント(2)

花がら摘み

どのバラもどかんと咲きだしました。

この時期家を出て旅行するのは、後髪ひかれる想い。

なぜなら、花が咲くということは花が散るということ。

1輪の花びらの重なり具合が半端じゃない我が家のバラたちが多量に散ると、風に舞い散る花びらの量も半端じゃない。

ということで、雨が降り出す前に、まだ咲いてる花も思い切って鋏で取り去ることにしました。

それに熱中することで、1時間あっという間。
しかも、ゴミ袋2袋がなんとなくいっぱいに。

勿体ないけど仕方がない。

以前は乾燥させてポプリ成るものにもしてみたけれど、貰った方はもしかしてゴミでも貰ったカンジじゃないのだろうか。

そう感じることもあって、ポプリ制作はやめました。

バラの香り、ほんとうに癒されます。



文句も言わず、泣きもせず、圧倒的な愛と美と癒しを溢れさせている薔薇たち、見習わなくっちゃね。

人間は薔薇と同じようになかなか出来ないけれど。

2008/05/19(月) | ヒミツの花園 | トラックバック(-) | コメント(2)

薔薇の外交




一番早く咲き出して、咲き急ぐ薔薇をバケツにいっぱい。

今年も、まわってまいりました。

ピンポン・ダッシュではありません、「どうぞ」と差し出す薔薇数輪。 
蔓バラなので、ステムが短く、生けにくいかもしれませんが、なかなかに豪華です。


毎年のように、この季節、お友達を呼んで、切って持ち帰ってもらっていたけれど、今年は、予定をいれていません。


おいでいただけるなら、いくらでもお切りいたします。

2008/05/03(土) | ヒミツの花園 | トラックバック(-) | コメント(0)

グラハム・トーマス

20080430151914.jpg


今年初めての開花。

蕾もたくさんあがっています。

黄色の薔薇の花言葉がジェラシーというのは、どういう根拠なのでしょう。

こんなに明るく微笑むように咲いてくれているのに。

庭の真ん中に、灯りがともったような明るさをもたらしてくれます。

わたくしの放置に耐え、今年も元気に咲いてくれてありがとう。

2008/04/30(水) | ヒミツの花園 | トラックバック(-) | コメント(0)

パット・オースチン

20080430151954.jpg


作出者の妻の名を冠する薔薇。

綺麗なオレンジ色に、彼女の姿に思いをはせる。
あるいは、彼女の声や、作出者だけが知る彼女の性質だろうか・・・

我が家の庭では、あっという間にひらいて、しどけなくうつむいてしまう。

枝の細さにも、特色を見る。

どの薔薇も、好きで好きでたまらない。

そのわりには、きちんとした世話はできていないけれど、とりあえず、わたしの気持ちだけは
多分、彼女たちは知っているはず。

2008/04/30(水) | ヒミツの花園 | トラックバック(-) | コメント(0)

それは星の形

いつのまにかこぼれた種で、ボリジがこんな大株に。

去年は植木鉢で育てていたけれど、今年の株は枝が分岐していて、花数も多そう。

とてもきれいな青紫で、砂糖漬けはケーキの飾りになるらしい。

作ってみる?

でも、ケーキ焼くのは3年に1度くらいしか気が向かないわたしに、使う機会はくるのか・・・・080425.jpg

2008/04/26(土) | ヒミツの花園 | トラックバック(-) | コメント(0)

 |  HOME  |  »