FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さようなら

私の家から一番ちかくの桜の木は、坂を下りたところにある児童公園のソバの家の桜。

ムスコ1のクラスメートだったオンナノコの家の桜の木だ。

剪定はされているのだろうけど、木の向き、枝振りがわたし好み。

坂を下りるときに、花の具合をついうかがってしまう。

昨夜の強い雨で、すっかり散ってしまっている。


若い頃は、桜の花が咲いても、紅葉をみても、こんなに心を揺さぶられることはなかったように思う。


なあんだ。

年を重ねるっていうのも、いいもんじゃないの。

櫻、 散る、 ちる、 チル

風にさらわれ、ブラウスの肩にとまる。

また、来年。

きっと遭いましょう。

散り行く花の下に立ち止まり、笑って手を振り、元気に生きる。



そうこうしているうちに藤の花の季節が来て、蝉がなき、紅葉の色にため息をつく。

1年なんて、あっという間。




ほんとに、年々、1年が早いんですけどぉ・・・(泣)
スポンサーサイト

2008/04/13(日) | 覚え書 | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。